オリジナルコンテンツ制作導入実績一覧

TOP > お客さまの声 > オリジナルコンテンツ制作

一般企業・団体 メディア教育開発センター

恐竜はどんな色? メディア教育開発センター研究開発部(現:放送大学ICT活用・遠隔教育センター)では、e-Learningの支援研究をはじめ、多様なメディアを利用した教育の内容や方法に関する研究開発などを行っています。 .... >>

大学 放送大学(1)

ミクストリアリティ 放送大学 ICT活用・遠隔教育センター様は、大学等のICT活用教育推進のための研究や事業、 多様なメディアを利用した教育に関する研究開発を行っています。 ミクストリアリティ(複合現実感)コンテンツ開発 .... >>

大学 放送大学(2)

3D教材作成支援ツール 放送大学 ICT活用・遠隔教育センター様は、大学等のICT活用教育推進のための研究や事業、 多様なメディアを利用した教育に関する研究開発を行っています。 教材用3Dデータの作成支援ツールとWEBサ .... >>

大学 放送大学(3)

ミストリアリティ進化ゲーム 放送大学 ICT活用・遠隔教育センター様は、大学等のICT活用教育推進のための研究や事業、 多様なメディアを利用した教育に関する研究開発を行っています。 2009年2月24日~26日の3日間、 .... >>

一般企業・団体 宮崎県総合博物館

「恐竜ワールド2009」 FLASHコンテンツ「恐竜はどんな色?」は、放送大学(旧:メディア教育開発センター)と国立科学博物館の共同研究としてロゴスウェアが開発を担当しました。 2009年夏、宮崎県総合博物館では「恐竜ワ .... >>

一般企業・団体 厚木市情報プラザ

恐竜と記念撮影 FLASHコンテンツ「恐竜はどんな色?」は、放送大学(旧:メディア教育開発センター)と国立科学博物館の共同研究としてロゴスウェアが開発を担当しました。 厚木市情報プラザでは、恒例「夏休みこども祭り」の中で .... >>

一般企業・団体 国立科学博物館(1)

2009夏休サイエンススクエア FLASHコンテンツ「恐竜はどんな色?」は、放送大学(旧:メディア教育開発センター)と国立科学博物館の共同研究としてロゴスウェアが開発を担当しました。 国立科学博物館で開催された「2009 .... >>

一般企業・団体 国立科学博物館(2)

デジタル・アーカイブ 自然史及び科学技術史研究に関する世界の中核的拠点として、 また日本の博物館をリードする中心的博物館として活動する国立科学博物館。 貴重なコレクションの保管と共に、様々な研究も進められています。 国立 .... >>

一般企業・団体 アイチケット株式会社

革新的な生活メディア 医療機関向けの各種情報提供サービスを展開するアイチケット様。診療施設での待ち時間解消のための順番予約システム『iTICKET plus』は、患者のニーズに応えた画期的なシステムです。順番予約、オンラ .... >>

一般企業・団体 ソニック・ソルーションズ株式会社

Toast 9 Titanium ソニック・ソルーションズ様は、デジタルメディア制作用オーサリングシステムで世界をリードする企業です。 製品群のひとつである本格的DVDシステムは、ハリウッドスタジオによって採用されるほど .... >>

一般企業・団体 日本アルテラ株式会社

英語版Flashツアーローカライズ 次世代ストラクチャードASICソリューションのHardCopyⅡファミリの発表にともない、英語版のFlashツアーを日本語版にローカライズいたしました。 翻訳原稿をご準備いただき、当社 .... >>

教育サービス フレーズイングリッシュ

「フレーズ法」による学習 『フレーズ イングリッシュ』は、効果的英語学習法として定評のある「フレーズ法」を取り入れた英語学習eラーニング(e-Learning)サイトです。 英語教育研究所の監修のもと、ロゴスウェアが制作 .... >>

一般企業・団体 スペース・オブ・ファイブ株式会社

Enjoy 子育て! 「住みやすい家」は家族の永遠のテーマ。 スペース・オブ・ファイブ様は、子供たちが思いっきり五感を満足させ、 のびのびと生活できる空間を大切にした家づくり「五感の家プロジェクト」を推進しています。 ロ .... >>

MORE