社員教育・社員研修のテストをWebで

「おまかせWebテスト」は、社員教育や社員研修の効果検証に最適な、Webで実施・Webで集計できるオンラインテストサービスです。

おまかせ

システム運用はすべておまかせ可能

テストコンテンツ作成、システム設定、配信運用、結果レポート

eメールなしでも
利用OK

利用端末不問、eメールがなくてもご利用可能

パソコンでもスマホでも受講可能。
eメールをお持ちでない方も利用できます

低価格

100名利用で38,000円

必要な時だけ月単位でスポット利用。100名利用38,000円から


TOP > おまかせWebテスト

教育・研修はどんどんオンライン化へ、
習得確認もWebテストへ

新型コロナウィルス感染予防を契機として、
これまで集合研修の形式で実施してきた社員教育や社員研修に変化が起こっています。

コロナ前コロナ後の研修

人と人の接触を避けるために、eラーニング、ライブWebセミナー、あるいは書籍やWebサイトでの自己学習に切り替える企業が増えています。これらの方法はコロナ対策という観点だけでなく、時間の節約や業務効率化アップの側面もあるため、コロナが収まった後も企業に根づくと考えられています。

さて、ここでひとつの課題は、適切に社員が知識を習得できたかどうかの確認方法です。 従来実施されてきた「確認テスト」や「習得テスト」などもWebテストに切り替える必要があります。

年に数回の実施なら「おまかせWebテスト」の利用が効率的

「おまかせWebテスト」は、このWebテストを、簡単・低価格で提供するサービスです。
特に、ライブWebセミナーや書籍・Webサイトでの自己学習を中心とした社員教育、社員研修を実施する企業の方々が、その教育効果を検証するために最適です。

「おまかせWebテスト」は、年に数回の社員教育・社員研修を実施する企業の方々のために最適化されています。年に数回の実施のために、システム操作方法を覚えるのは時間の浪費です。

「おまかせWebテスト」では、お客さまはテスト問題と受講者のリストをロゴスウェアに送るだけです。システムの操作方法を覚える必要も、運用のために時間を使う必要もありません。一連のWebテストが完了すると、ロゴスウェアから結果レポートが送られてきます。

おまかせWebテストのフロー

全部おまかせ

システム運用はすべておまかせ

「おまかせWebテスト」は、テストコンテンツの作成から配信、テスト結果のレポート作成、未受講者へ督促まで、すべてサービスに含まれています。テストの元原稿と受講者リストを送ったら、あとはテスト結果のレポートを待つだけです。すべてロゴスウェアにおまかせください。

テストコンテンツの作成もおまかせ

お客さまから送られたテスト原稿をもとに、ロゴスウェアがインターネット上で使えるテストコンテンツを作成します。
「おまかせWebテスト」のテストは、〇×問題、択一選択問題、複数選択問題、テキスト入力問題の4つの問題形式に対応(*)。1コンテンツで30問まで出題できます。

*1コンテンツ内はすべて同一の問題形式になります。有料オプションで出題形式の組み合わせも可能です。

〇×問題

① 〇×問題

正誤判定

〇×問題サンプルを見る
択一問題

② 択一問題

選択肢の中から
解答を1つ選択

択一問題サンプルを見る
〇×問題

③ 複数選択
 問題

選択肢の中から
解答を複数選択

〇×問題サンプルを見る
択一問題

④ テキスト
 入力問題

解答テキスト入力

択一問題サンプルを見る

2結果レポートの作成もおまかせ

テスト配信期間終了後に、テスト結果のレポートをロゴスウェアが作成し、お客さまにeメールで送付します。

結果レポートとして、下記の情報が提供されます。

  • レポート:テスト合否結果一覧(Excelファイル形式)
  • 受講データ:受講結果、解答内容(CSVファイル形式)

結果レポートサンプル(ZIP)

3督促による運用支援もおまかせ

受講者全員に確実にWebテストを受けてもらうには、運営中での督促通知が欠かせません。
督促通知は、未受講の受講者、あるいは合格点に達しない受講者に対して送られます。

督促はeメールで通知されます。 督促の送付タイミングは

  • テスト配信終了1週間前
  • テスト配信終了3日前

の2回となります。


2種類の配信方式

eメールなしの受講者でも利用できる

社員への情報伝達方法やインターネットへのアクセス環境などは、企業や職種によってさまざまです。「おまかせWebテスト」では、可能な限り幅広い人たちが、可能な限り簡単な方法でWebテストを実施できるように工夫されています。

受講者全員がeメールアドレスを持っている場合は、メールアドレスで個人を認証し、受講するのが最も効率的です。しかし、受講者のeメール情報を外部に出したくないケースや、eメールアドレスを持っていないケースもあります。

そのようなケースのために「eメール認証方式」と「ID認証方式」の2つをご用意しました。

2つの配信方式の違い

配信方式 eメール認証方式 ID認証方式
個人認証方法 eメールアドレスで個人認証 会社から配布された個別IDで個人認証
テストへのアクセス テスト受講用ページに、メール記載のURLからアクセスできます。
メールはロゴスウェアから受講者に直接送付されます。
テスト受講用ページにアクセスしてIDを入力します。
受講用ページのURLは、管理者(※)から周知されます。
コンテンツ閲覧方法 パソコン・モバイル パソコン・モバイル

※この場合の管理者とは、お客さま側のテスト実施責任者を指します。

 配信方式について詳しく


低価格

利用料金 38,000円(標準仕様、100名までの場合)

おまかせWebテストは、気軽にご利用いただけるよう明確な価格設定にしました。 標準仕様(受講者数100名まで/テスト30問まで)で38,000円(税抜)。受講者数やテスト問題の追加もオプションで柔軟に対応します。

標準仕様

基本料金 1配信 38,000円(税別)
受講者数 100名まで(*1
テストコンテンツ コンテンツ数1点
  • 最大30問まで(*1
  • 問題形式1種(*2
    (〇×問題/択一選択問題/複数選択問題/テキスト入力問題から選択)
  • 利用可能な素材:画像ファイル(png・jpg・gif)
配信方式

2方式から選択

  • eメール認証方式:メール通知からログイン
  • ID認証方式:IDを入力してログイン
督促通知 2回配信
  • 未受講者(および不合格者)に対して、
    ①配信終了1週間前、②配信終了3日前 に督促通知配信(*3
テスト結果レポート作成 テスト配信期間終了後、結果レポート+受講データをメールで提供
  • レポート:テスト合否結果一覧(Excelファイル形式)
  • 受講データ:受講結果、解答内容(CSVファイル形式)
テスト配信期間 最大1カ月(*1
  1. 有料オプションで追加や延長が可能です。
  2. 有料オプションで4種類の問題形式がすべて利用可能になります。
  3. ID認証方式では、管理者に受講状況のリストが送られます。

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>